会計業務がスムーズに | 簡単介護ソフトを活用して業務ラクラク|ビジネスを支えるツール

簡単介護ソフトを活用して業務ラクラク|ビジネスを支えるツール

介護

会計業務がスムーズに

couple

介護サービスを利用した場合、利用者はその料金の約1割を介護施設に支払うことになっています。残りの約9割は、介護保険によって、国保連が介護施設に支払うというシステムになっているのです。したがって介護施設は、利用された分だけ、利用料を国保連に伝え、請求する必要があります。その会計業務のために使われているソフトが、国保連中央介護伝送ソフトです。国保連中央介護伝送ソフトを使用すれば、利用者がどのくらい利用したのかを入力することで、様々な数字が速やかに算出されます。利用者が支払う金額はもちろん、国保連に請求する金額も自動計算されるのです。その上、国保連にそのデータが送信されるので、会計業務がスムーズに進むようになることから、国保連中央介護伝送ソフトには高い需要があります。

国保連中央介護伝送ソフトには、様々な種類のものがあり、それぞれ異なるメリットがあります。たとえば、従来は国保連への請求のためには、多くの場合はISDN回線が必要となっていました。ところが昨今では、インターネット回線でより手軽に請求できる国保連中央介護伝送ソフトも、販売されるようになっているのです。また、データのバックアップやメンテナンスといったサービスがついている国保連中央介護伝送ソフトもあります。さらには、タブレットやスマートフォンなどの端末とのやり取りが可能な国保連中央介護伝送ソフトも開発されました。現在は、利用者の自宅への送迎サービスをおこなう介護施設が増えてきています。そのため、送迎中のスタッフともデータのやり取りができるこの国保連中央介護伝送ソフトは、注目を集めています。

Copyright©2015 簡単介護ソフトを活用して業務ラクラク|ビジネスを支えるツール All Rights Reserved.